2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

  • トップ
  • 作曲家名(1)
  • ヒストリー・オブ・ブラスバンド・ミュージック
    〜ニュー・アドヴェンチャーズ
    演奏:グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンド

    The History of Brass Band Music - New Adventures
    【ブラスバンド CD】
  • トップ
  • CD/DVDブルーレイ
  • ブラスバンド
  • ヒストリー・オブ・ブラスバンド・ミュージック
    〜ニュー・アドヴェンチャーズ
    演奏:グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンド

    The History of Brass Band Music - New Adventures
    【ブラスバンド CD】
  • トップ
  • 出版社名
  • 海外
  • Doyen
  • ヒストリー・オブ・ブラスバンド・ミュージック
    〜ニュー・アドヴェンチャーズ
    演奏:グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンド

    The History of Brass Band Music - New Adventures
    【ブラスバンド CD】
  • トップ
  • バンド
  • ブラスバンド
  • Grimethorpe Colliery Band
  • ヒストリー・オブ・ブラスバンド・ミュージック
    〜ニュー・アドヴェンチャーズ
    演奏:グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンド

    The History of Brass Band Music - New Adventures
    【ブラスバンド CD】

ヒストリー・オブ・ブラスバンド・ミュージック
〜ニュー・アドヴェンチャーズ
演奏:グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンド

The History of Brass Band Music - New Adventures
【ブラスバンド CD】

商品コード : CD-4815
価格 : 2,450円(税込)
数量
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
2003年から2005年にかけて録音され、合計6枚のアルバムがリリースされた“グライムソープ”の「ヒストリー・オブ・ブラスバンド・ミュージック」シリーズのフィナーレを飾るアルバムで、“ニュー・アドヴェンチャーズ(新しい冒険者)”というサブ・タイトルがつけられているように、かなりコンテンポラリーな内容の楽曲が収録されている。

シリーズの他のアルバム同様、選曲と指揮は、フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルや王立歌劇場等で名を馳せたエルガー・ハワースが担っており、その得意ジャンルでもある現代音楽の色彩感が鮮烈だ。

収録曲中、冒頭の2曲は、2005年にイングランドのウェスト・ヨークシャー、モーリー・タウン・ホールでレコーディングされた新録音で、プロデューサーはポール・ヒンドマーシュ、エンジニアはリチャード・スコットのベテラン・コンビ。ここでは、デリック・ブルジョワの『ブラスバンドのための協奏曲第1番』(作品44)とクリス・サンサムの『トランペット協奏曲』という、ひじょうに聴き応えのある2曲が愉しめる。トランペットの独奏者は、フリーのトランペット奏者としても活躍したリチャード・マーシャルで、コルネットとは一味違うソロぶりが聴きものとなっている。

後半の3曲は、1977年に英Deccaが録音、リリースしたLPアルバム“グライムソープ・スペシャル(Grimethorpe Special)”(Decca Headline、HD 14)のオリジナル・マスターからデジタル・リマスターされたものだ。もとはアナログ録音ながら、ひじょうに成功を収めたもので、今聴いても古さをまったく感じさせない。

収録曲中、武満 徹の『ガーデン・レイン』は、1974年のフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの日本演奏旅行のために書かれた作品だ。ここに収められているのは、ハワースがそれをブラスバンド用に改編したもので、つづくハリスン・バートウィッスルの『グライムソープ・アリア』、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェの『ラグタイムとハバネラ』とともに、当時のイギリスの楽壇に強烈なインパクトをもたらした。

シリーズ6枚中、全盛期のフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルのキャラクターにもっとも近いアルバム作りだ。

・演奏:グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンド
(Grimethorpe Colliery UK Coal Band)1-2/
 グライムソープ・コリアリー・バンド(Grimethorpe Colliery Band)3-5
・指揮:エルガー・ハワース(Elgar Howarth)
・発売元:ドイエン (Doyen)
・発売年:2008年
・収録2005年、Morley Town Hall(England, U.K.)1-2/
 1977年、アナログ録音、英Decca Headline、HD 14(デジタル・リマスター)3-5
・メーカー品番:
1. ブラスバンドのための協奏曲第1番(作品44)/デリック・ブルジョワ【17:27】
Concerto No.1 for Brass Band Op.44/Derek Bourgeois
第1楽章:アーサー・ベンジャミンの墓 Le Tombeau d'Arthur Benjamin【5:32】
第2楽章:ミスター・ボルトは車に乗りに行かれますよ、旦那
Mr Bolt goes for a ride in his motor car and Monsieur【6:47】
第3楽章:ダチョウの戦いの行進 The War March of the Ostriches【5:08】

2. トランペット協奏曲/クリス・サンサム【23:47】
Trumpet Concerto/Chris Sansom
第1楽章 Movement I【5:14】
第2楽章 Movement II【11:42】
第3楽章 Movement III【6:51】
トランペット:リチャード・マーシャル(Richard Marshall)

3. ガーデン・レイン/武満 徹(arr.ハワース)【6:57】
Garden Rain/Toru Takemitsu (arr. Elgar Howarth)

4. グライムソープ・アリア/ハリスン・バートウィッスル【13:39】
Grimethorpe Aria/Harrison Birtwistle

5. ラグタイムとハバネラ/ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ【13:23】
Ragtimes and Habaneras/Hans Werner Henze

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ