2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
 

  • トップ
  • 作曲家名(1)
  • イメージズ・オブ・ア・シティ
    演奏:ライプツィヒ放送吹奏楽団 

    Images of a City【吹奏楽 CD】

イメージズ・オブ・ア・シティ
演奏:ライプツィヒ放送吹奏楽団 

Images of a City【吹奏楽 CD】

商品コード : CD-2181
価格 : 2,450円(税込)
ポイント : 24
数量    残りあと1個
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
ドイツで最も成功している民間のプロ・ウィンド・オーケストラ、ライプツィヒ放送吹奏楽団が、ヨーロッパの3人の人気作曲家、フランコ・チェザリーニ、トーマス・ドス、オットー・M・シュヴァルツの作品を収録したコンサート・アルバム。

このアルバムで注目したいのは、アメリカでジョン・ウィリアムズのアシスタントの1人として活躍し、帰国後、指揮者としても高く評価されているトーマス・ドスが収録曲全曲を指揮していることでしょう。スコアの隅々まで目の行き届いたアナリーゼの深さは、それぞれの作品の個性を際立たせ、聴きごたえある演奏を愉しませてくれます。アンサンブルとハーモニーの緻密さは、指揮者としてのスキルの高さを証明しているようです。

まずは、タイトル曲にもなっているチェザリー二の序曲『イメージズ・オブ・ア・シティ』。日本語に直訳すると“都会のイメージ”となるこの曲は、その曲名どおり、スマートさとエネルギーを内包する都会的センスあふれる演奏会序曲です。コンサートのオープニングを飾るのもよし、フィナーレを明るくきめるにもよし。スピード感のあるアメリカン・タッチの主部と、ロマンチックに安らぎを感じさせるメロディーを聴かせる中間部のコントラストは、幅広いファンの支持を集めることでしょう。

トーマス・ドスの『ホラー小組曲』は、理屈抜きに愉しめるエンターテイメント作品です。曲は、キリスト教社会では最も忌み嫌われる「13日の金曜日」、真夜中に響く足音やキーキーという軋み、12時を告げる時計、妖精たちなどが描かれる「真夜中のシーン」、美しい女性の姿で人を誘惑するロシアの吸血種族を表わした「ウルダラク」、ハイチや西アフリカで広く信じられ、西洋人からは魔術であるかのように恐れられる「ブードゥー」、万霊節の宵祭りで、アメリカでは“おばけ”などに仮装した子供たちが知人の家などを訪ねて菓子などをねだるシーンを描いた「ハロウィン・パーティー・マーチ」という、短い5つの音楽からなる組曲となっています。「13日の金曜日の曲の頭などに出てくる演奏者の“悲鳴”は、照れなくやれれば、大ウケすること間違いなしです!

それにしても、ドスの曲は、曲名と曲想のイメージがぴったりきますね。まるで一遍の詩を聴いているように美しい『夜明け前』や、“先住民のスピリット”や“原始のサウンドと夢のとき”と小題のつけられた音楽で構成される『オーストラリアの奥地』などでも、音楽の中から情景が浮き出てきます。さすが、映画音楽の大家を師匠にもつ作曲家ですね。

新しい作品とのすばらしい出会いが体感できるアルバムです!
・演奏:ライプツィヒ放送吹奏楽団 (Rundfunk-Blasorchester Leipzig)
・指揮:トーマス・ドス (Thomas Doss)
・発売元:ミトローパ (Mitropa)
・発売年:2010年
・収録
・メーカー品番:
1. 序曲「イメージズ・オブ・ア・シティ」/フランコ・チェザリーニ【9:58】
Images of a City, A Overture/Franco Cesarini

2. ホラー小組曲/トーマス・ドス【10:22】
A Little Suite of Horror/Thomas Doss
第1楽章:13日の金曜日 Friday the 13th【2:48】
第2楽章:真夜中のシーン Midnight Scene【2:32】
第3楽章:ウルダラク Wurdalak【1:21】
第4楽章:ブードゥー Voodoo【2:12】
第5楽章:ハロウィン・パーティー・マーチ Halloween Party March【1:29】

3. コロッサス〜巨人ヘイモンとテュルソス/トーマス・ドス【10:34】
Colossus, The Giants Haymon and Thyrsos/Thomas Doss

4. モーメンタム/トーマス・ドス【5:28】
Momentum/Thomas Doss

5. ヴェルディクト (評決)/オットー・M・シュヴァルツ【11:02】
The Verdict/Otto M. Schwarz

6. コンサート・マーチ「ブリゲーダー」/フランコ・チェザリーニ【3:21】
The Brigadier/Franco Cesarini

7. 夜明け前/トーマス・ドス【7:35】
Ante Lucem/Thomas Doss

8. オーストラリアの奥地/トーマス・ドス【11:55】
Outback/Thomas Doss
Aboriginal Spirit (先住民のスピリット)
Primeval Sound and Dreamtime (原始のサウンドと夢のとき)
Running Hunter (走る狩人)
Uluru (Red Rock) (エアーズロック - ウルル)
Encounter with the White Men (白人たちとの遭遇)
Bushfire (山火事)

9. グローリー・ファンファーレ/オットー・M・シュヴァルツ【3:01】
Glory Fanfare/Otto M. Schwarz

10. コミック・マーチ「イル・プレジデンテ」(大統領)/トーマス・ドス【5:35】
Il Presidente, Marche comique/Thomas Doss

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ