2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
 

ユーフォニアム協奏曲 
作曲:フィリップ・ウィルビー 

Concerto for Euphonium【ユーフォニアム 楽譜】

商品コード : EN-81202
価格 : 6,900円(税込)
ポイント : 69
数量    在庫あり
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
イギリスの作曲家フィリップ・ウィルビーの世界的に有名なユーフォニアム協奏曲。オリジナルは、ウェールズ・アート・カウンシルとウェールズ・アマチュア音楽連盟の委嘱により、ウェールズ・ユース・ブラスバンドのコンサートのためのブラスバンド伴奏のユーフォニアム協奏曲として書かれ、1995年の年末に完成。公式の初演は、1996年8月、ウェールズ・ユース・ブラスバンドのコンサートで、ロバート・チャイルズの独奏、ハワード・スネルの指揮で行われた。

ロパート・チャイルズは、弟ニコラスと組んだ兄弟ユーフォニアム・デュオ“チャイルズ・ブラザーズ”の一員として世界的に知られた名ユーフォニアム奏者。その後、世界的に有名なウェールズのブラスバンド、コーリー・バンドの音楽監督としても活躍した。この協奏曲の完成当時、チャイルズは、ウィルビーが教鞭をとるリーズ大学に学んでいた時期で、この曲は上記公式初演の2ヵ月前の1996年6月、チャイルズが修士学位を取得するために学内で行なったリサイタルで、作曲者のピアノ伴奏で演奏されている(非公式の演奏)。

また、2000年、ロバート・チャイルズの息子デヴィッド・チャイルズがBBC放送の“ヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー”コンペのファイナルでBBCフィルハーモニックをバックに演奏するため、作曲者自身により管弦楽伴奏バージョンも作られている。

曲は、“ノン・トロッポ・アレグロ”と“テンポ・ディ・アログロ・パルバロ”の2曲からなるパートI、“アダージョ”と“アレグロ・ヴィヴァーチェ”の2曲からなるパートIIの全2部の4楽章構成。“ダンス・ゼイベキコス(ギリシャの踊り)”という副題がある第2楽章(パートIの第2曲)は、特に人気が高く、単独でもよく演奏される。
・出版社グレード
・作曲:フィリップ・ウィルビー (Philip Wilby)
・TIME:19分44秒
 パート 1 (Part I)
 I)ノン・トロッポ・アレグロ Non troppo allegro【8:31】
 II)ダンス・ゼイベキコス (ギリシャの踊り) Dance Zeibekikos【2:45】
 パート 2 (Part II)
 II)アダージョ Adagio【5:23】
 IV)アレグロ・ヴィヴァーチェ Allegro vivace【4:04】
・出版:ウィンウッド (Winwood)
・分類:販売譜(ユーフォニアム&ピアノ譜)
・メーカー品番:
ロバート・チャイルズ:ユーフォニアム協奏曲集(管弦楽伴奏版)
Solo Euphonium
Piano

(へ音記号とト音記号の2種類のパート譜が入っています)

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ