2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

ゲールフォース 
作曲:ピーター・グレイアム 

Gaelforce
【吹奏楽 楽譜セット】
【送料無料】

商品コード : SET-8033
価格 : 15,600円(税込)
ポイント : 156
数量    残りあと1個
 

メール便:350円、他

13時までのご注文は当日発送(取寄、休日除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
この曲は、3つの異なるアイルランド民謡を用いてピーター・グレイアムが書いた曲で、先にブラスバンド版が大ヒットを記録! その後、吹奏楽版の楽譜が出版され、吹奏楽版の方も大ヒットを記録しました。曲は、下記の3楽章からなっていて、ケルト系(アイルランド系)民謡が好きな人には、もうたまらない、ヨダレものの逸品です。

・ザ・ロッキー・ロード・トゥ・ダブリン(The Rocky Road to Dublin):速いテンポのジグ舞曲で8分の9拍子のリズムがとっても気持ちいい!!(ジグとは、8分の6拍子または8分の9拍子の舞曲で、イギリスやアイルランドの伝統的な踊りの形式の一つ)

・ミストレル・ボーイ(The Minstrel Boy):フリューゲルホルンの甘く切なく奏でるメロディーがとっても印象的で、そのメロディーが心の奥に「ジワ〜〜ン」と染みてきます!ほんと、とってもいいメロディーで、ココだけ聴いても結構、泣けちゃったりします。
「ミストレル・ボーイ」って、本来、歌詞が付いていて、元はアイルランドに古くから伝わるメロディー「The Moreen」にアイルランドの詩人トマス・ムーア(Thomas Moore)が歌詞をつけたもの。その詩を読むと、イングランドの植民地として長い間支配され続けていたアイルランドの人々の嘆きや悲しみ、憎しみなどがよくわかり、とっても奥深い内容になっています。

・トッシング・ザ・フェザーズ(Tossing the Feathers):リール (Reel) という民俗舞曲の形式の一つ。とってもダンサブル&軽快な音楽で、最後は全員で大盛り上がりしてフィニッシュを迎えます。
・出版社グレード:4.5
・作曲:ピーター・グレイアム(Peter Graham)
・TIME:6分48秒
・出版:グラマーシー(Gramercy)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜セット)
・メーカー品番:
ザ・レッド・マシーン〜ピーター・グレイアム作品集
2 Flutes
2 Oboes
2 Bassoons
4 Clarinet 1 B♭
4 Clarinet 2,3 B♭
1 Bass Clarinet B♭
2 Alto Saxophones E♭
1 Tenor Saxophone B♭
1 Baritone Saxophone E♭
2 Trumpets 1 B♭(1 doubles flugel)
2 Trumpets 2,3 B♭
2 Horn 1,2 F
2 Horn 3,4 F
1 Trombone 1
1 Trombone 2
1 Trombone 3
2 Euphoniums(or Baritones)
2 Tubas

1 Percussion(Bodhran or Tom-tom, Timpani, Cymbal)
1 Percussion(Bodhran or T-tom, Rainstick)

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ